e55a6c7ebe5bdc270e4f4143f9b90e77_m

浮気とセフレはどう違うのでしょうか?
浮気相手は往々にして、都合の良いセフレだと思われがちです。
しかし、本当にそうでしょうか?

男女の関係において性的なものは絶対に外せません。
正式なカップルであろうが、夫婦であろうが、浮気相手だろうが、セフレであろうが
性的なものは切っても切ることが出来ません。

もちろん、セックスレスに陥っても、それによって別に相手を探さなければならない
としたら、それはセックスレスの相手とのセックスが必要だったからで、それが無理
だからこそ代替の人を探すのです。

さて、男女の関係に性的なものが欠かせないことは理解して頂けたと思います。
それを前提として、セフレと浮気相手との違いについて論じていきます。

性的関係が必要なのは両者とも同様な訳ですが、大きな違いは状況や立場によ
って変化する関係か否かと言うことです。
つまり、浮気相手と言うのは、決まった相手が別にいるからこそ浮気相手で留まっ
ている相手と言えます。
ですが、セフレは決まった相手がいようがいまいがセフレなのです。

言ってみれば、浮気相手は「好きな人」と言える訳です。
よって、現在のパートナーと別れたりすることがあれば、彼氏彼女に、夫婦になる
可能性のある相手と言うことです。

翻って、セフレはそう言う関係性になる可能性が極めて薄い相手です。
では、セフレのことは好きではないのか?と言うとそうでもありません。
まず外見的にはある程度好みでなければ、そう言う関係になることは有り得ない
でしょう。また、浮気相手とは違い、独占欲や嫉妬心とは程遠い関係性なので、
色々と話せる分、むしろ良好な関係性と言えるでしょう。自分のパートナーとの悩
みなんかも話せる相手なのかも知れません。

また、セックスの相性も良いでしょうし、パートナーや浮気相手では出来ないプレー
も楽しめるので、実は最もパートナーシップに溢れた相手なのだと言えることも出来
るでしょう。
ですが、やはり真剣にお互いが付き合うことを選択出来ないのは、セフレと言う関係
性を良しとする性質故なのでしょう。つまり、お互いが軽い相手だと感じているからだ
と言うことです。

浮気相手は、先述したように決まった相手がいるが故、「浮気相手」と呼ばれるに過
ぎず、決まった相手がいない時に出会っていれば違った関係性であった相手なので
す。

結論としては、浮気相手とセフレの違いは、その関係性の普遍性の相違であると言
うことが出来るのです。